世界遺産 > 世界遺産 日本語名順 > 世界遺産 日本語名順 フ
世界遺産 日本語名順 フ
名 称 ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園
ファウンティンズシュウドウインイセキグンヲフクムスタッドリーオウリツコウエン
遺産種別 文化遺産  国 名 イギリス
登録・拡張年 1986 登録基準 (i)(iv) 詳細
名 称 ファジル・ゲビ、ゴンダール地域
ファジル・ゲビ、ゴンダールチイキ
遺産種別 文化遺産  国 名 エチオピア
登録・拡張年 1979 登録基準 (ii)(iii) 詳細
名 称 ファテープル・シークリー
ファテープル・シークリー
遺産種別 文化遺産  国 名 インド
登録・拡張年 1986 登録基準 (ii)(iii)(iv) 詳細
名 称 ファン・ネレ工場
ファン・ネレコウジョウ
遺産種別 文化遺産  国 名 オランダ
登録・拡張年 2014 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 ファールンの大銅山地域
ファールンノダイドウサンチイキ
遺産種別 文化遺産  国 名 スウェーデン
登録・拡張年 2001 登録基準 (ii)(iii)(v) 詳細
名 称 フィリピの古代遺跡
フィリピノコダイイセキ
遺産種別 文化遺産  国 名 ギリシャ
登録・拡張年 2016 登録基準 (iii)(iv) 詳細
名 称 フィリピンのバロック様式教会群
フィリピンノバロックヨウシキキョウカイグン
遺産種別 文化遺産  国 名 フィリピン
登録・拡張年 1993 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 フィリピン・コルディリェーラの棚田群
フィリピン・コルディリェーラノタナダグン
遺産種別 文化遺産  国 名 フィリピン
登録・拡張年 1995 登録基準 (iii)(iv)(v) 詳細
名 称 フィレンツェ歴史地区
フィレンツェレキシチク
遺産種別 文化遺産  国 名 イタリア
登録・拡張年 1982 登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)(vi) 詳細
名 称 フェス旧市街
フェスキュウシガイ
遺産種別 文化遺産  国 名 モロッコ
登録・拡張年 1981 登録基準 (ii)(v) 詳細
名 称 フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯
フェッラーラ:ルネサンスキノシガイトポーガワデルタチタイ
遺産種別 文化遺産  国 名 イタリア
登録・拡張年 1995,1999 登録基準 (ii)(iii)(iv)(v)(vi) 詳細
名 称 フェニックス諸島保護地域
フェニックスショトウホゴチイキ
遺産種別 自然遺産  国 名 キリバス
登録・拡張年 2010 登録基準 (vii)(ix) 詳細
名 称 フェラポントフ修道院群
フェラポントフシュウドウイングン
遺産種別 文化遺産  国 名 ロシア
登録・拡張年 2000 登録基準 (i)(iv) 詳細
名 称 フェルクリンゲン製鉄所
フェルクリンゲンセイテツショ
遺産種別 文化遺産  国 名 ドイツ
登録・拡張年 1994 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観
フェルテーコ/ノイジードラーコノブンカテキケイカン
遺産種別 文化遺産  国 名 オーストリアハンガリー
登録・拡張年 2001 登録基準 (v) 詳細
名 称 フエの建造物群
フエノケンゾウブツグン
遺産種別 文化遺産  国 名 ベトナム
登録・拡張年 1993 登録基準 (iv) 詳細
名 称 フォンテーヌブローの宮殿と庭園
フォンテーヌブローノキュウデントテイエン
遺産種別 文化遺産  国 名 フランス
登録・拡張年 1981 登録基準 (ii)(vi) 詳細
名 称 フォントネーのシトー会修道院
フォントネーノシトーカイシュウドウイン
遺産種別 文化遺産  国 名 フランス
登録・拡張年 1981 登録基準 (iv) 詳細
名 称 フォンニャ-ケバン国立公園
フォンニャ-ケバンコクリツコウエン
遺産種別 自然遺産  国 名 ベトナム
登録・拡張年 2003,2015 登録基準 (viii)(ix)(x) 詳細
名 称 フォース橋
フォースキョウ
遺産種別 文化遺産  国 名 イギリス
登録・拡張年 2015 登録基準 (i)(iv) 詳細
名 称 富士山-信仰の対象と芸術の源泉
フジサン-シンコウノタイショウトゲイジュツノゲンセン
遺産種別 文化遺産  国 名 日本
登録・拡張年 2013 登録基準 (iii)(vi) 詳細
名 称 福建の土楼
フッケンノドロウ
遺産種別 文化遺産  国 名 中国
登録・拡張年 2008 登録基準 (iii)(iv)(v) 詳細
名 称 フライ・ベントスの産業景観
フライ・ベントスノサンギョウケイカン
遺産種別 文化遺産  国 名 ウルグアイ
登録・拡張年 2015 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 フランキンセンスの国土
フランキンセンスノコクド
遺産種別 文化遺産  国 名 オマーン
登録・拡張年 2000 登録基準 (iii)(iv) 詳細
名 称 フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
フランスノサンティアゴ・デ・コンポステーラノジュンレイロ
遺産種別 文化遺産  国 名 フランス
登録・拡張年 1998 登録基準 (ii)(iv)(vi) 詳細
名 称 フランドル地方のベギン会修道院
フランドルチホウノベギンカイシュウドウイン
遺産種別 文化遺産  国 名 ベルギー
登録・拡張年 1998 登録基準 (ii)(iii)(iv) 詳細
名 称 フレーザー島
フレーザートウ
遺産種別 自然遺産  国 名 オーストラリア
登録・拡張年 1992 登録基準 (vii)(viii)(ix) 詳細
名 称 フレーデフォート・ドーム
フレーデフォート・ドーム
遺産種別 自然遺産  国 名 南アフリカ
登録・拡張年 2005 登録基準 (viii) 詳細
名 称 武夷山
ブイサン
遺産種別 複合遺産  国 名 中国
登録・拡張年 1999 登録基準 (iii)(vi)(vii)(x) 詳細
名 称 ブウィンディ原生国立公園
ブウィンディゲンセイコクリツコウエン
遺産種別 自然遺産  国 名 ウガンダ
登録・拡張年 1994 登録基準 (vii)(x) 詳細
名 称 ブコヴィナ・ダルマティアの主教座施設
ブコヴィナ・ダルマティアノシュキョウザシセツ
遺産種別 文化遺産  国 名 ウクライナ
登録・拡張年 2011 登録基準 (ii)(iii)(iv) 詳細
名 称 仏陀の生誕地ルンビニ
ブッタノセイタンチルンビニ
遺産種別 文化遺産  国 名 ネパール
登録・拡張年 1997 登録基準 (iii)(vi) 詳細
名 称 ブッダガヤの大菩提寺
ブッダガヤノダイボダイジ
遺産種別 文化遺産  国 名 インド
登録・拡張年 2002 登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)(vi) 詳細
名 称 武当山の古代建築物群
ブトウザンノコダイケンチクブツグン
遺産種別 文化遺産  国 名 中国
登録・拡張年 1994 登録基準 (i)(ii)(vi) 詳細
名 称 ブトリント
ブトリント
遺産種別 文化遺産  国 名 アルバニア
登録・拡張年 1992,1999 登録基準 (iii) 詳細
名 称 ブハラ歴史地区
ブハラレキシチク
遺産種別 文化遺産  国 名 ウズベキスタン
登録・拡張年 1993 登録基準 (ii)(iv)(vi) 詳細
名 称 ブラジリア
ブラジリア
遺産種別 文化遺産  国 名 ブラジル
登録・拡張年 1987 登録基準 (i)(iv) 詳細
名 称 ブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群
ブラジルノタイセイヨウショトウ:フェルナンド・デ・ノローニャトロカスカンショウホゴクグン
遺産種別 自然遺産  国 名 ブラジル
登録・拡張年 2001 登録基準 (vii)(ix)(x) 詳細
名 称 ブリッゲン
ブリッゲン
遺産種別 文化遺産  国 名 ノルウェー
登録・拡張年 1979 登録基準 (iii) 詳細
名 称 ブリッジタウン歴史地区とその要塞
ブリッジタウンレキシチクトソノヨウサイ
遺産種別 文化遺産  国 名 バルバドス
登録・拡張年 2011 登録基準 (ii)(iii)(iv) 詳細
名 称 ブリムストーン・ヒル要塞国立公園
ブリムストーン・ヒルヨウサイコクリツコウエン
遺産種別 文化遺産  国 名 セントクリストファー・ネイビス
登録・拡張年 1999 登録基準 (iii)(iv) 詳細
名 称 ブリュッセルのグラン-プラス
ブリュッセルノグラン-プラス
遺産種別 文化遺産  国 名 ベルギー
登録・拡張年 1998 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 ブリュージュ歴史地区
ブリュージュレキシチク
遺産種別 文化遺産  国 名 ベルギー
登録・拡張年 2000 登録基準 (ii)(iv)(vi) 詳細
名 称 ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト
ブリュールノアウグストゥスブルクジョウトベッテイファルケンルスト
遺産種別 文化遺産  国 名 ドイツ
登録・拡張年 1984 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 武陵源の自然景観と歴史地域
ブリョウゲンノシゼンケイカントレキシチイキ
遺産種別 自然遺産  国 名 中国
登録・拡張年 1992 登録基準 (vii) 詳細
名 称 ブルゴス大聖堂
ブルゴスダイセイドウ
遺産種別 文化遺産  国 名 スペイン
登録・拡張年 1984 登録基準 (ii)(iv)(vi) 詳細
名 称 ブルゴーニュのブドウ畑のクリマ
ブルゴーニュノブドウバタケノクリマ
遺産種別 文化遺産  国 名 フランス
登録・拡張年 2015 登録基準 (iii)(v) 詳細
名 称 ブルサとジュマル・クズック:オスマン帝国の故郷
ブルサトジュマル・クズック:オスマンテイコクノコキョウ
遺産種別 文化遺産  国 名 トルコ
登録・拡張年 2014 登録基準 (i)(ii)(iv)(vi) 詳細
名 称 ブルノのツゲンドハット邸
ブルノノツゲンドハットテイ
遺産種別 文化遺産  国 名 チェコ
登録・拡張年 2001 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 ブルーマウンテン山脈とジョン・クロウ山地
ブルーマウンテンサンミャクトジョン・クロウサンチ
遺産種別 複合遺産  国 名 ジャマイカ
登録・拡張年 2015 登録基準 (iii)(vi)(x) 詳細
名 称 ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群
ブルー・ナ・ボーニャ ボインケイコクノイセキグン
遺産種別 文化遺産  国 名 アイルランド
登録・拡張年 1993 登録基準 (i)(iii)(iv) 詳細
名 称 ブレナム宮殿
ブレナムキュウデン
遺産種別 文化遺産  国 名 イギリス
登録・拡張年 1987 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 ブレナヴォン産業用地
ブレナヴォンサンギョウヨウチ
遺産種別 文化遺産  国 名 イギリス
登録・拡張年 2000 登録基準 (iii)(iv) 詳細
名 称 ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像
ブレーメンノマルクトヒロバノシチョウシャトローラントゾウ
遺産種別 文化遺産  国 名 ドイツ
登録・拡張年 2004 登録基準 (iii)(iv)(vi) 詳細
名 称 ブールジュ大聖堂
ブールジュダイセイドウ
遺産種別 文化遺産  国 名 フランス
登録・拡張年 1992 登録基準 (i)(iv) 詳細
名 称 プエブラ歴史地区
プエブラレキシチク
遺産種別 文化遺産  国 名 メキシコ
登録・拡張年 1987 登録基準 (ii)(iv) 詳細
名 称 プエルト-プリンセサ地下河川国立公園
プエルト-プリンセサチカカセンコクリツコウエン
遺産種別 自然遺産  国 名 フィリピン
登録・拡張年 1999 登録基準 (vii)(x) 詳細
名 称 プエルト・リコのラ・フォルタレサとサン・ファン国定史跡
プエルト・リコノラ・フォルタレサトサン・ファンコクテイシセキ
遺産種別 文化遺産  国 名 アメリカ
登録・拡張年 1983 登録基準 (vi) 詳細
名 称 プトラナ高原
プトラナコウゲン
遺産種別 自然遺産  国 名 ロシア
登録・拡張年 2010 登録基準 (vii)(ix) 詳細
名 称 プラハ歴史地区
プラハレキシチク
遺産種別 文化遺産  国 名 チェコ
登録・拡張年 1992 登録基準 (ii)(iv)(vi) 詳細
名 称 プランタン-モレトゥスの家屋-工房-博物館複合体
プランタン-モレトゥスノカオク-コウボウ-ハクブツカンフクゴウタイ
遺産種別 文化遺産  国 名 ベルギー
登録・拡張年 2005 登録基準 (ii)(iii)(iv)(vi) 詳細
名 称 プランバナン寺院遺跡群
プランバナンジインイセキグン
遺産種別 文化遺産  国 名 インドネシア
登録・拡張年 1991 登録基準 (i)(iv) 詳細
名 称 プリトヴィッチェ湖群国立公園
プリトヴィッチェコグンコクリツコウエン
遺産種別 自然遺産  国 名 クロアチア
登録・拡張年 1979,2000 登録基準 (vii)(viii)(ix) 詳細
名 称 プレア・ヴィヘア寺院
プレア・ヴィヘアジイン
遺産種別 文化遺産  国 名 カンボジア
登録・拡張年 2008 登録基準 (i) 詳細
登録基準
人類の創造的才能を表す傑作である。
ある期間、あるいは世界のある文化圏において、建築物、技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展における人類の価値の重要な交流を示していること。
現存する、あるいはすでに消滅した文化的伝統や文明に関する独特な、あるいは稀な証拠を示していること。
人類の歴史の重要な段階を物語る建築様式、あるいは建築的または技術的な集合体または景観に関する優れた見本であること。
ある文化(または複数の文化)を特徴づけるような人類の伝統的集落や土地・海洋利用、あるいは人類と環境の相互作用を示す優れた例であること。特に抗しきれない歴史の流れによってその存続が危うくなっている場合。
顕著で普遍的な価値をもつ出来事、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または明白な関連があること(ただし、この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。
類例を見ない自然美および美的要素をもつ優れた自然現象、あるいは地域を含むこと。
生命進化の記録、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程、あるいは重要な地質学的、自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を代表とする顕著な例であること。
陸上、淡水域、沿岸および海洋の生態系、動植物群集の進化や発展において、進行しつつある重要な生態学的・生物学的過程を代表する顕著な例であること。
学術上、あるいは保全上の観点から見て、顕著で普遍的な価値をもつ、絶滅のおそれがある種を含む、生物の多様性の野生状態における保全にとって、もっとも重要な自然の生育地を含むこと。
世界遺産